« 派遣社員、政府の規制強化に5割超が「反対」 | トップページ

2010-10-08

派遣労働者5年ぶりに減少

厚生労働省は6日、2009年度中に派遣労働者として働いた人が前年度比24・3%減の延べ約302万人となり、5年ぶりに減少したと発表した。
 過去最大の減少率で、同省は「08年秋以降の経済危機で、製造業を中心に派遣切りが相次いだことが大幅減につながった」としている。

調査は、09年度に事業報告書が提出された派遣会社7万1560事業所の状況を集計。仕事がある時だけ雇用契約を結ぶ登録型派遣は約206万人(前年度比75万人減)、派遣会社の正社員などとして長期間働く常用型派遣は約96万人(同22万人減)だった。

一方、製造業に派遣された人を09年6月1日現在で集計したところ、約25万人で、前年比54・5%減の大幅減。自動車産業などで相次いだ派遣切りの影響が鮮明に出た格好だ。今年6月1日現在の速報値でも約23万人と、減少傾向が続いている。(読売新聞 2010年10月6日)

確報版報告書はこちら

派遣労働者の内訳を見ると、今回の派遣法改正法案によって規制の対象者は30万人という。

景気悪化で採用が減る中、さらに法改正によって職を失くす可能性がある30万人をどうすのか。今回の国会審議では、この点について十分なセーフティーネットを準備することが望まれる。

|

« 派遣社員、政府の規制強化に5割超が「反対」 | トップページ

派遣関連新聞記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1109388/37133506

この記事へのトラックバック一覧です: 派遣労働者5年ぶりに減少:

« 派遣社員、政府の規制強化に5割超が「反対」 | トップページ